logo

MENU

アクセスマップ

シトロエン岡崎

住所〒444-0806
愛知県岡崎市緑丘1-9-3
Googleマップでみる

TEL0564-83-6695
0120-947-410

営業時間ショールーム 10:00-18:00
サービス工場 10:00-18:00

定休日月曜日(祝日の場合は翌火曜日)、第一・第三火曜日

アクセス方法岡崎ICより26号線を南へ3.5km
私共、CITROEN岡崎が見えて参ります

スタッフブログ

ショートトリップ

[2021/06/23]
加藤 有作
乗って残そうガマ線、ショートトリップ旅。
みなさまこんにちは今回は近場の電車旅をご紹介です。
岡崎の方は電車で名古屋に向かう時はきっと名鉄の本線かJRの本線かでスイスイっと行かれると思いますが、
今回はひょんな事から超大回りで名古屋へ向かいました。
岡崎━名古屋30分位?の所、岡崎━蒲郡━西尾━安城━名古屋と三河湾経由で2時間かけて行きました。
私の大好きな町蒲郡にあります名鉄ガマ線が廃線の危機にあるらしく乗って残そうキャンペーンを展開しておりましたので所用ついでに微力ながら乗車協力してまいりました。
のどかな風景の中、短い編成の赤い電車が走ります。木々の間から見える三河湾がキラキラと輝いており、何ともいえない素敵な風景が旅情を掻き立てます。
今回初めて乗った路線と思っていましたが、道中Wikipediaで色々とガマ線の事を調べていると、実は何十年も前に母と乗っていた事がわかりました、小さい頃の記憶の片隅にうさぎ島の記憶が残っているのですが、(自分の記憶の中で最も古い記憶)どうやらこのガマ線に乗って行っていた様です。小さい頃の記憶が色々と思い起こされて嬉しい気持ちになりました。
数駅で貸切状態となってしまいました、、、。
確かにこれでは存続は難しいのかもしれませんねー、
この辺りは何だか神奈川の湘南に似ている気がします。蒲郡が藤沢江ノ島、幡豆が鎌倉といった感じで、西浦が葉山、、蒲線が江ノ電、、、みたいな、ここ最近日本一魅力のない愛知のレッテルを貼られてしまいましたが、素材は揃っているので昔みたいに観光地化が成功すればきっとガマ線もドル箱路線になると思います。
まちづくりという壮大なる妄想をしながらの旅でした。
最後は名古屋駅ホームのきしめんを頂きました。